転職には「3か月の壁」があるという

会社の事情で退職を余儀なくされ、転職活動を始めてから、そろそろ2か月が終わろうとしている。なんとかして来月中には転職先を決めたいのだが、なかなか難しい状況だ。

退職後に受けたハローワークでの最初の転職講習会で、転職には「3か月の壁」があるという話を聞いた。
上手に転職できる人の多くは3か月以内に次の職を決める。一方、3か月で転職できなかった人の多くは、次の職が決まるまでにかなり長い時間がかかることが多いのだそうだ。

雇う側としては、あまりにも離職期間が長い人は、まじめに転職活動をしてたのだろうかと心配になるし、
毎日ずっとぶらぶらしていたような人がすぐには「働く」という環境に復帰できないのではないかという懸念を感じるのだろう。

働く側としても、毎朝定時に出勤する習慣から解放され、自分で自由に1日の時間配分を決められる毎日を長く送っていくうちに、だんだんと生活がだらしなくなり、勤労意欲も薄れていきがちだからだろう。

いまはまだ、そうならないように気をつけて、就業時と同じ時間に起床し、規則正しい生活を送っているが、これをあと何か月も続けられるだろうかという不安も実は少しずつ感じている。

だからやはり、3か月の壁を越えてしまう前に、なんとか就職先を見つけたい。